外国人のアルバイトを募集しよう|行き届いた指導の仕方

従業員の満足度を数値化

アンケート

調査の継続は力

従業員満足度調査の最終目的は、会社の業績を伸ばし、商品の売り上げをアップさせることにあります。かつては、業績アップのためのバロメーターとして、顧客満足度調査が重視されていました。しかしながら、調査を詳しく行う内に、顧客満足度を上昇させるには、従業員満足度の引き上げが重要であることが分かってきました。現在では、顧客満足度調査は、従業員満足度調査とセットで行われることが多くなっています。従業員満足度調査で、正当な数値をはじき出すためには、コンサルティング会社に依頼することが必須です。社員の本音を引き出すには、第三者機関機関の力が必要です。社内調査では、社員の本音は2割程度しか引き出せません。会社という組織の前には、殆どの人が遠慮の気持ちを持つからです。しかし、有能なコンサルが行う調査では、9割以上の本音が引き出せます。そのコツは、匿名性の高い調査を行いながら、回答者が紐づけできるアンケートを実施するからです。社員の本音を引き出して従業員満足度が数値化できた後は、大幅な業務改善が必要となることもあります。有能なコンサルは、調査結果を基に業務改善の骨子までを作成してくれます。ただ、調査はこれで終わりではありません。業務改善や調査後の社員面接の結果を審査するために、次なる従業員満足度を行うのです。このような段階を踏むコンサルの調査は、年間一千万円近くの支出が見込まれます。しかし、それは企業の業績アップに必要な経費でもあるのです。

Copyright© 2017 外国人のアルバイトを募集しよう|行き届いた指導の仕方 All Rights Reserved.